カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

歩数計を疲れの目安に使う

皆さんは歩数計は使われてますか?
健康のために何歩歩いたか計る、最近はスマホでもアプリで計れるようになりましたよね。
 
そんな歩数計の私なりの使い方をご紹介します!
 
私の使い方は「どれくらい歩いたかで疲れを予測する目安」として使っています。
 
具体的にお話しましょう。
私の場合、疲れた頃合いを見て歩数計スマホのアプリ)を見ます。すると、大体一日4000歩ほどで疲れの限界がくることが分かりました。
 
帰宅してヘトヘト→4000歩超え
帰宅して余裕ある→2000歩後半
 
など、外出の都度数えていると傾向が見えてきます。
 
そこで対策を打ち出します。
外出先で3000歩超えたら、「そろそろ家路につこう」
体調悪いときは2000歩以内で帰ってこれる近場で済まそう。
 
こんな感じです。
私の場合は幼い頃から体力が無いので
4000歩基準ですが、人によって基準は全く異なります!もっと歩数少なくても疲れが出たら無理するべきではないですし、基準が多い人は体力がある方なのだと思います。
 
人の身長が違うように歩数の限界も人それぞれです。それは無理して変えるべきものではありません。むしろ、活用すべき「数字」として捉えた方が得策です!
 
みなさんはどのくらいの歩数で疲れますか?帰宅した際、疲労度と歩数度を比較してみてはいかがでしょうか?
 
歩数計のこんな使い方のご提案でした(^^)