カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

自他境界とスピリチュアル

自他境界をご存知ですか?
自分と他人の間にある境界線のこと。
自他境界が弱いと相手に感情移入しすぎてしまったり、共依存関係になってしまったりと困ることがたくさん起こります。


私自身、昔は特に他人と自分の気持ちの区別がつきにくかったです。(と、いうか相手の感情に自分自身が振り回されていること自体に気付いていませんでした)


きちんと自他境界について知ったのは、AC(アダルトチルドレン)の本。
こんなことが書いてありました。
「相手の感情と私の感情は別。私の感情は私だけのもの」
「自分の責任を超えて、相手の責任を負うことをしない」


あぁ、特に恋愛のときに相手に振り回されてたのってこの視点が欠けてたからだったんだと知りました。


自他境界が弱かった理由はなぜか。
一言で言えば「ACの傾向がある」なのですが、どうも精神疾患も絡んでる気がしてなりません。
自他境界が弱かったから、周りに影響受けやすくうつや不安障害になってしまったのか。
はたまた、うつや不安障害があるから自他境界が弱いのか。
卵が先か鶏が先か。今となってはどちらか分かりません。


それとともに自他境界の薄さに拍車をかけたと確実に思うのが「スピリチュアルな概念」です。


スピリチュアル界では「あなたとわたしはひとつ」「ワンネス」と言った言葉が度々登場します。
「あなたがわたしであり、わたしがあなたである」
確かに一理あるかもしれません。人は鏡って言うし。
でもこれを本気で信じて良いのは健常な心を持っている人だけ!

正確に言うと「意識しなくても自他境界がしっかりある人」が達する境地なのだと感じるのです。


自分と相手の感情を混同してしまう人(私みたいな人)がこの概念を理解しようと躍起になってしまうと、より他人と私の感情や責任の区別がつかなくなり、
「相手の責任なのに、自分が悪いことをしたように感じる」なんてことが起こってしまいます。


(今も気付くと無意識にその思考に陥ってることがあるので、気をつけてます)


他にもスピリチュアルの注意点として
「身体を重要視しない(心だけが真実!という概念)」
のもありますね。いや、身体も自分の大切な一部分だし。身体ほぐせば、心もほぐれるし。


少しメンタルが不安定な人にとっては落とし穴がたくさんあるスピリチュアルな世界。


スピリチュアルな本を読むにしても
「自他境界は私には必要」と意識してみたり、
きちんと「現実的な考えを取り入れている教え」を読んでみたりと
「鵜呑みにしない」
「ツッコミながら読む」ことが必要。


ここ数年で私の学んだことでした。
どんな本も鵜呑みにしちゃいけないね。生活のスパイスとして取り入れていこう。