カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

スピリチュアルの波

ただいま、スピリチュアルの波が来ております。
現実的に考えよう、対処しようとしたって無理な時に精神世界に助けを求めるのが、私のクセ。


一時は酷いものでした。極端にスピリチュアルなキラキラふわふわに足を踏み入れ、そんな本を読んでるときだけはハイテンション。10〜13年前頃はそんな状態に陥っていることに気づかずにいました。


7年前にスピ断ち。2年間くらい。


それ以降は年間で時期によって、スピリチュアルを求めることがたびたびある感じ。


今は。
「あ、心がスピリチュアル系求めてるなっ」と感知したら、適切に本を自らに与えています。
(だからスピリチュアルな本を断捨離しすぎないようにしてる。時々読みたくなるから)


傾向も掴めてきてます。
引き寄せ系は受け付けない。「思考が現実化する」なんて言ったら、不安障害のうつの私は救われません!だってそういう脳の機能障害なんだもの!


‥ということで「大いなるものに委ねる系」が自分には合ってるなと考えています。
不安も希望も大いなるもの(書籍によって名称は異なる、神とかホーリースピリットとか)に委ねる。全部預ける、丸投げなので、楽っちゃラク


そして「この不安を奇跡のための道具として使ってください」と祈る。(スピリチュアルブログっぽくなってきたね)


願望を引き寄せるより、不安を手放すことで心理的に自由になることを狙ってます。


これが私にとって一番最適なスピリチュアルの形。


ただし、ムラがあります。もしかしたら、一ヶ月後に自分でこの記事を見たら「あぁ、この時は何かに頼りたい時期だったのね」なんて俯瞰して見てるかもしれません。
昔はそれさえ否定してることもあったけど、それでもいいと今は思ってます。


頼りたいときは神仏に頼ったらいいじゃない。あとはなるようになるじゃないか、って。


果たして、今回のスピリチュアルの波はいつまで続くのか。ある意味楽しみです。