カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

体の痛みから心を癒す


こんにちは。
最近は整体の本ばかり読んでいます。
と言っても自力整体の本はあんまり性に合わず、他のストレッチや痛み取りの書籍を立ち読みしては実践、購入して実践の毎日。


うつ、不安障害の治療をして分かったことがあります。それは「薬だけじゃよくならない」ということ。


うつは脳の機能障害的なところがあります。だから、脳に働きかける薬を服用します。そして認知行動療法などのメンタルトレーニングも併用することも。


しかし、それだけじゃ良くはならないこれまででした。要は「心ばっかりを見てた」


不安や緊張状態にある時の自分自身をよく観察してみると、体のどこかが縮こまっていることが多いです。


一番わかりやすいのは、「呼吸がツライ(浅い)」
で、今までは深呼吸をしていたわけです。それでも息がうまく吸えない。
そりゃそうだ。観察を続けてみると肩や首がカッチカチなんだもの。入る空気も入らない!!


深呼吸をやめてストレッチ。
首や肩の凝りにアプローチするストレッチや揉みほぐしの本を見つつね。(自己流でやると、痛める危険があるので!!)


すると意識しなくても、自然と呼吸も楽になってくるわけです。体全体の緊張もほぐれます。


いま、わたしがメインにしてる体操は
主に首、肩、腰にアプローチするもの。そこの痛みが抜けるだけでも、7割方は何かしら良くなります♪


今までは薬だけが頼りでした。苦しくなると、頓服。
現在は頓服+ストレッチ。


「不安や憂鬱を自分でコントロールする術」は多ければ多いほど助けになります。


薬に頼りつつ、ストレッチや揉みほぐしをしつつ。その両輪があってこそ、うまくいってるのだと思います。


うつ等の精神疾患でお悩みの皆様、心だけでなく、身体のメンテナンスもしてみてはいかかでしょうか?


というご提案の日記でした!