カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

メンタルを保つ上で役に立った情報<コロナうつ>

お題「#おうち時間

 

毎日コロナコロナでメンタルが削がれてます。

やはり情報があふれかえっているのに巻き込まれてしまう。

ただでさえメンタル弱いのに、不安になる情報がたくさん。

 

そんな中で「メンタルを保つ情報」をネットで検索しまくりました。

特に役に立ったのはこの2つの提言。

 

www.jrc.or.jp

 

一つ目は日本赤十字社の特設サイトです。

どんな心の状態になりやすいのか、メンタルを保つ対策、陥りやすいことについて

簡潔に書かれています。

メンタルがぶれそうな時のために印刷して、枕元に置いています。

 

次はこれ。

www.asahi.com

 

朝日新聞デジタルの記事です。(実際の紙面では4月11日土曜日朝刊に掲載)

在宅時間が増える上で気をつけることについて

「あかさたなはまやらわ」の頭文字で作成されています。

会員登録しないと全文は読めませんが、最初に表示される図だけでも充分だと思います。

 

そしてどのサイトでも注意されていたのが

「食事・運動・睡眠」と「情報との付き合い方」

 

特に「情報との付き合い方」については

・新型コロナ情報に接する時間を減らす

例)1日2回、朝と夕だけテレビをつける等

・信頼出来る情報源からだけ、情報を得る

例)NHKニュースなどや有名新聞社など。SNSでの不確定な情報に振り回されない。

・明るいニュースも積極的に取り入れる

例)寄付の情報やただ自分にとって楽しい情報など

 

わたしは楽しい情報として、毎日更新されるイラストレーターさんのSNSを見たり、好きなにゃんこの画像を永遠見てたりします。

twitter.com

るるてあさんの描く、コウペンちゃんがめちゃめちゃ癒やされます!

なんでもほめてくれるコウペンちゃん。絵が水彩タッチでかわいいし、言葉に救われる。

 stay homeな私たちに向けて書かれたものかもしれません。

 

 

変化と刺激の大きい毎日が続きますが、

うまくストレス発散させながら

がんばらずにいきましょう。