カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

うつには「うどん」より「そば」がいい、普通の栄養学以外のある理由

うどんとそば、あなたはどちらが好みですか?

f:id:carinaup2you:20171116144517j:plain

 

 
私はそば派。駅チカに行きつけの蕎麦屋があるほどにそば派。(安くて超おいしい!)
 
うつ病を改善する方法として、栄養学が用いられることがあります。
セロトニンの原料となる食材を食べましょう。」という趣旨のものです。
 
その本によく書いてあるのは
「うどんとそば、選ぶならそばを選べ!」
 
理由→
ビタミンB₆食物繊維が豊富に含まれているから。
 
確かにビタミンB₆はトリプトファンセロトニンに変換するのに必要です。
そしてそばの方が小麦のうどんよりも栄養価が高い。
 
でも!
わたしはその説明だけじゃ納得出来ませんでした。(そば好きであるにも関わらず)
 
ところがある勉強をしている時に
そばがうつ病に作用する根本的な理由に出会ったのです。
 

中医学に秘密はあった

日本では東洋医学という言い方のほうが有名ですね。私はユーキャンで「薬膳コーディネーター」の資格を取るために勉強をしていました。
その中では「中医学」「食薬」「薬膳料理」の三本柱を学んでいきます。
中医学は中国伝統医薬学の略称。中医学は世界の伝統医学の中でも重要とされています。
 

医食同源

中医学には医食同源という考え方があります。医食同源とは
 

病気を治す薬と食べ物とは、本来根源を同じくするものであるということ。食事に注意することが病気を予防する最善の策である

 

 
ざっくり説明すると食べ物も薬と同じ働きをするものがあるよ、ということ。
実際に中医学ではある一定の食材を中医学の理論に従い、分類しています。
 

「そば」は気の巡りを解消する「理気類」

食薬として、そばは理気類」に分類されます。
理気類とは
気機の巡りを調整し、うつを解消し、臓腑の働きを調整します。
 
気機とは体内の気の巡りを指します。気は常に巡ることにより、健康を保っています。
 
その気の流れが滞る=気機がつまるとうつが生じるのです。(主に肝気)
 
ため息や、胸のつかえ、生理不順など心当たりはありませんか?
それはストレスが溜まって気の巡りが悪くなっており、臓腑に影響を与えると中医学では考えます。
 
そこで理気類の食物を取り、肝気のつまりを改善しようよと訴えるわけです。
 
理気類の食薬は温性で、香りが強いものが多いとされています。
 

他にもある、うつに作用する理気類の食薬

玉ねぎオレンジ、みかん、ジャスミンなどもそばと同じく
うつを解消する理気類に分類されています。
 
オレンジやみかん等の柑橘系は
アロマテラピーでも抗うつ作用があると言われています。そばと同じように違う学問でも作用が注目されているわけですね♪
 

f:id:carinaup2you:20171116144811j:plain

 
 
今回は主に栄養学と中医学の食薬(薬膳)という観点からそばを取り上げてみました。いかがでしたでしょうか?
 
私も栄養学と中医学、両方を取り入れながら食事を工夫するように努力しています。
 
今まで栄養学だけではうつが解決出来なかった方にも
中医学の勧める薬膳的なアプローチは
ひとつのヒントになること間違い無しです!
 
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村