カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

うつ病で「何も出来ない自分」を受け容れる

何もできない日々が続いています。
当然焦ります。普段出来ていることが出来ないし、やりたいこと(ブログの更新等)も手につかない。

 

「どうしよう」と悩む。心理的に抵抗する。やらなくちゃと追い詰める。


しかし悩めば悩むほどうつは酷くなってしまいます。

 

 

そんな時に1番にやるべきことは
「出来ない自分を受け容れる」こと。

 

 

出来ないという状態は体と心からのサインです。「今は休むべき時だ」というサイン。


しかし、私達は往々にして心からのサインを頭で無視したり否定したりしがちです。

 

それがうつが長引く1番の元だと思うのです。

 

 

心からの欲求を素直に受け止める。
訓練、練習が必要ですね(;´∀`)

 

 

「何も出来ないことを受け容れる」と次にやるべきことがハッキリしてきます。

 

きちんと休息を取ること。


「何も出来ない時」には「休息が仕事」くらいに思っちゃっていいんです。

 

私の好きな言葉にもあります。
「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」

 

今は下へ下へとしっかり大地に根を伸ばすようにと与えられた時間。与えたれた通りに過すのが回復への最短距離。

 

何も出来ないことを抵抗せずに受け容れ、いまやるべきとこ=休息に集中しましょう。

 

ぐっすり寝たり、音楽聞いたり、自分にとってリラックスすることをしたり、趣味ができる余裕があれば趣味をしたり。
自分が心地よいと思う時間を過ごすことが心の休息となります。

 

 

私は屋久島の自然音とヒーリング音楽が入ったDVDに癒やされながら、この記事を書いてます(*^^*)

 

その休息が根に栄養を与え、
「やがて大きな花が咲く」と信じて。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村