カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

うつ病を周囲に理解してもらうには?

うつ病は世間にだいぶ認知されるようになりました。
心療内科に行く」という選択肢も
雑誌でよく見かけるようになりましたよね。
 
ですが中には未だにうつのことを
理解してはくれない人もいるのは確か。
 
 
どうやったら、うつのことを
理解してもらえるのでしょうか?
 

うつ病関連の書籍を読んでもらう。

 

f:id:carinaup2you:20171026093645j:plain

一番手ごろなのは「ツレうつ」シリーズ。
エッセイ漫画でうつ病を有名にさせた
ドラマ化、映画化もされています。
 
文庫本でも出てますし、何よりコメディタッチ、漫画で書いてあるのが魅力的。
重たくなく、うつ病の日々の生活を
伝えることが出来ます。
 
 
 
この本もコメディタッチ。
ツレうつ」と違うのは一人の人だけではなく
約10名以上にも及ぶ方にインタビューをし、
それぞれの「うつ病の在り方」を描いた作品だということ。
 
ツレうつよりも現実的な表現が多いので
うつが酷いときに読むのには困難さが伴うかも(;´Д`)
 
ですがそれだけうつの様子を
ありのままに描いてあるということです。
 
何人ものうつ病記が描いてあるので
「この人の症状に似てる」と言って
読んでもらうのも一つの手だと思います(^^)
 
これは「うつヌケ」にしか出来ない素晴らしいところです。
 
 
 

②医師から周囲の人に説明してもらうf:id:carinaup2you:20171101202527j:plain

このやり方が一番理解してもらえる方法だと思います。
 
今あなたがどういう状況にあるのかを客観的に説明してもらう。プロに。
例えば家族や学校の先生、上司に診察の時に同席してもらう。 
 
最も説得力がありますよね。
 
 
一度医師に「周囲の人に先生から私の症状について説明してもらえますか?」
と相談してみることをオススメします。
 
 

③自分の言葉で説明する

f:id:carinaup2you:20171101203329j:plain

どうやって説明したらいいかを解説しますね。
まずはうつ病関連のホームページや書籍
うつ病の基礎知識について書いてある本)を準備。
 
自分に当てはまるところを
メモしたりマーキングしたりします。
 
何故自分の症状をそのまま語ることではなく、
ホームページや書籍を利用するかというと
体系だって理論的にまとめてあるからです。
 
うつ病は心の上がり下がりの問題なので
ただ感情だけを相手に伝えても上手く理解されないことがあります。
 
ですから、ホームページや書籍の言葉を引用し
「ここに書いてあるとおりに悲しくなるんだ」とか
「こんなふうに落ち込んでしまうんだ」というように
 
と説明します。
すると理論だって自分の症状を語れる、という強みになるのです。
 
感情論だけではなく、脳の機能として
うつ状態が出ていることを
資料を上手く活用して伝えましょう。
 
 
以上の方法をオススメします。
 
 
それでも中にはわかってくれない人もいるでしょう。
私の周りにもどれだけ手を尽しても
分かってくれない人がいます。(祖母です)
 
そこはもう諦めて距離をおいています。
残念ですが、そうするしか無い関係もあります。
 
 

f:id:carinaup2you:20171101203558j:plain

 
 
うつを理解してくれる人とだけ付き合う。
そのことがあなたを楽にしてくれます。
そのためには、
ほんの少しの努力も必要かもしれません。
 
上に挙げたような手助けになる
書籍やホームページ、ブログ等もたくさんあります。
 
上手に活用してうつ病のことを
理解してもらいましょう。