カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

いいこと日記〜書き方のコツ①〜

私には合いませんでした。
 
でもそこから学んだこともあります。
 
「日々の生活の中でいいことを探す」
ということ。
 
不安に襲われる毎日の中、
ほんの少しでもいい気持ちになれる瞬間を作り出すんです。
 
そこで「いいこと日記」をつけ始めました。

f:id:carinaup2you:20171025182218j:plain

 
 
でもね、最初はその「いいこと」の定義を
私は間違っていました。
 
いいこと=よかったこと
 
だと本を読んで解釈したんですね。
 
「…よかったことがない日の方が多い(lll-ω-)」
最初の挫折です。
 
スポンサーリンク
 
 
そこで「いいこと」の定義を拡大してみました。
更にどんなに小さなことでも記録するようにしました。
 

いいことの定義

・よかったこと
 
・感動したこと
 
・心が動いたこと 
 
・感謝できること
 
・今日出来たこと
 
・「今日はやらない」と決めることができたこと(例:体調が悪いから体と心を休ませるために外出しないことにした)
 
・何かしら気づいたこと
(風が気持ちいい、外が晴れている、
家の中にいたけど雨が降ってることに気づけた等)
 
 
私が最初に「いいこと日記」を
つけ始めた時(しんどかった頃)はこんな感じでした。↓
・朝、起きられた
・朝ご飯を少しでも食べられた
・お風呂に入れた
・一日三食食べられた
・一日中よく眠れた
・窓開けたら、日差しが気持ちよかった
 
 
…伝わりましたでしょうか?
このちっちゃなことでも
充分「いいこと」にカウントできるんです。
 
朝起きられたことも、食事がとれたこともいいこと。
それは体調が最悪な時には食事さえ取れないから。
一口でも食べ物を口に出来たら「いいこと」なんです。
 
実際にいいことを記録し始めると
「こんなに小さなことでもいいの…?」
思うかもしれません。
 
いいんです!それはあなただけの記録だから。
 
毎日同じ項目が並んだっていいんです!
私は毎日のように「歯が磨けた」と書いていました!!( ̄▽ ̄)
 

f:id:carinaup2you:20171026092603j:plain

 
いいこと探しを続けていくと
日常の中に意外と「感謝出来ること」や
「出来たこと」って転がってるんだなと
思えるようになってきます。
 
充実感や達成感が
自然と感じられる体質に変化します。
 
するとうつの時間が
ちょっとずつ減ってきます。
 
「いいこと日記」を付けるのは
うつ状態に非常にプラスをもたらしますよ!
 
 
毎日じゃなくてもいい。
 
気が付いた時にでも
紙とペンを持ち、
いいことを探してみませんか?
 
 
スポンサーリンク