カリーナのゆるっと うつ生活

うつ病生活を心地よくするライフハック。メンタル・美容、ボディケア

K-POPだけど日本人!NiziUにハマってます

こんにちは。
最近TWICEやNiziUなどのK-POPを聞き始めるようになりました。
 
特にNiziU(二ジュー)
朝の情報番組「スッキリ」でオーディションの様子を連日特集していて、興味を持ってしまいました。
 
虹プロジェクトという企画(オーディション)から生まれたからNiziU。Need youの意味も含まれてるとか。
 
韓国系のプロダクション主催のオーディションだからK-POPなんだけど、
オーディションで勝ち残ってデビュー決まったのは、みんな日本人!という新しいグループ。
 
6月30日に配信でデビューしたばかりなんですが、MVのYouTube再生回数がすでに2900万回を超えています。すごい。
 
 
そして驚いてるのはそのグループの完成度。
ガールズグループとして、もう完成してる。オーディションの中でも既にグループを何回も何パターンも組み、楽曲披露してるから
慣れてるんだよね。パフォーマンスするのに。歌の実力もダンスのパワーも確かなものだし、
自分自身の魅せ方も分かってる。
 
 
スッキリで一回、生放送で韓国からトークしてたんですが、そこがまた可愛かった!
あんなに踊って歌ってるときにはキメキメなのに、トークは初々しいってギャップ!
心わし掴みにされました。
 
オーディションの様子見るとハマってしまうね、ほんと。応援したくなります☆
 
デビュー曲の「Make you happy」も元気の出る「THE K-POP」な曲調。ヘビロテして聞いてます。
 
このご時世だけれども、落ち着いたら日本のテレビでパフォーマンスしてほしいな。
 
そして早くMV付きのシングルCD発売してほしい!絶対買うから。
 
こんなにガールズグループにハマったのは初めてなので、思わず書き綴ってしまいました。
心がウキウキワクワクするhappyな楽曲、ぜひ聞いてみてください!
 

感謝についての記事を書きたい

感謝することについての記事を書きたいと思っているのですが、まだ上手くまとまりません。


「感謝する習慣を持つと、周囲の人や物、環境との繋がりを感じられ
孤独感が軽減するよ」


ってことを伝えたいのだけど
そのために何をどう捉えたら感謝の心が育つのかということが上手く書けません💧


「感謝のためには否定じゃなく、肯定する心が必要。」それも説明出来ないし…うーん。


「有り難い」って気持ちを持つと必然的に肯定の世界に入っていくのですけどね。


一番体調が悪くて荒れて泣きわめいてた時期には、「自分なんてひとりぼっちだ、孤独だ」と思い込んでいたんです。


そこを毎日を驚きを持って好奇心の目で見るようになってから、気持ちが落ちる日はあっても
荒れて泣き叫ぶような日がなくなったんですよね。
「あ、間違った考えを持って病的になってきてる。今は休もう」と素直に思える、気付けるようになったというか。


その方法論を語りたいのだけど、まとまらないもどかしさ。
いつか書けるようになったら、(今回と内容被るかもだけど)記事上げますね。


 

自他境界とスピリチュアル

自他境界をご存知ですか?
自分と他人の間にある境界線のこと。
自他境界が弱いと相手に感情移入しすぎてしまったり、共依存関係になってしまったりと困ることがたくさん起こります。


私自身、昔は特に他人と自分の気持ちの区別がつきにくかったです。(と、いうか相手の感情に自分自身が振り回されていること自体に気付いていませんでした)


きちんと自他境界について知ったのは、AC(アダルトチルドレン)の本。
こんなことが書いてありました。
「相手の感情と私の感情は別。私の感情は私だけのもの」
「自分の責任を超えて、相手の責任を負うことをしない」


あぁ、特に恋愛のときに相手に振り回されてたのってこの視点が欠けてたからだったんだと知りました。


自他境界が弱かった理由はなぜか。
一言で言えば「ACの傾向がある」なのですが、どうも精神疾患も絡んでる気がしてなりません。
自他境界が弱かったから、周りに影響受けやすくうつや不安障害になってしまったのか。
はたまた、うつや不安障害があるから自他境界が弱いのか。
卵が先か鶏が先か。今となってはどちらか分かりません。


それとともに自他境界の薄さに拍車をかけたと確実に思うのが「スピリチュアルな概念」です。


スピリチュアル界では「あなたとわたしはひとつ」「ワンネス」と言った言葉が度々登場します。
「あなたがわたしであり、わたしがあなたである」
確かに一理あるかもしれません。人は鏡って言うし。
でもこれを本気で信じて良いのは健常な心を持っている人だけ!

正確に言うと「意識しなくても自他境界がしっかりある人」が達する境地なのだと感じるのです。


自分と相手の感情を混同してしまう人(私みたいな人)がこの概念を理解しようと躍起になってしまうと、より他人と私の感情や責任の区別がつかなくなり、
「相手の責任なのに、自分が悪いことをしたように感じる」なんてことが起こってしまいます。


(今も気付くと無意識にその思考に陥ってることがあるので、気をつけてます)


他にもスピリチュアルの注意点として
「身体を重要視しない(心だけが真実!という概念)」
のもありますね。いや、身体も自分の大切な一部分だし。身体ほぐせば、心もほぐれるし。


少しメンタルが不安定な人にとっては落とし穴がたくさんあるスピリチュアルな世界。


スピリチュアルな本を読むにしても
「自他境界は私には必要」と意識してみたり、
きちんと「現実的な考えを取り入れている教え」を読んでみたりと
「鵜呑みにしない」
「ツッコミながら読む」ことが必要。


ここ数年で私の学んだことでした。
どんな本も鵜呑みにしちゃいけないね。生活のスパイスとして取り入れていこう。



 


 

スピリチュアルの波

ただいま、スピリチュアルの波が来ております。
現実的に考えよう、対処しようとしたって無理な時に精神世界に助けを求めるのが、私のクセ。


一時は酷いものでした。極端にスピリチュアルなキラキラふわふわに足を踏み入れ、そんな本を読んでるときだけはハイテンション。10〜13年前頃はそんな状態に陥っていることに気づかずにいました。


7年前にスピ断ち。2年間くらい。


それ以降は年間で時期によって、スピリチュアルを求めることがたびたびある感じ。


今は。
「あ、心がスピリチュアル系求めてるなっ」と感知したら、適切に本を自らに与えています。
(だからスピリチュアルな本を断捨離しすぎないようにしてる。時々読みたくなるから)


傾向も掴めてきてます。
引き寄せ系は受け付けない。「思考が現実化する」なんて言ったら、不安障害のうつの私は救われません!だってそういう脳の機能障害なんだもの!


‥ということで「大いなるものに委ねる系」が自分には合ってるなと考えています。
不安も希望も大いなるもの(書籍によって名称は異なる、神とかホーリースピリットとか)に委ねる。全部預ける、丸投げなので、楽っちゃラク


そして「この不安を奇跡のための道具として使ってください」と祈る。(スピリチュアルブログっぽくなってきたね)


願望を引き寄せるより、不安を手放すことで心理的に自由になることを狙ってます。


これが私にとって一番最適なスピリチュアルの形。


ただし、ムラがあります。もしかしたら、一ヶ月後に自分でこの記事を見たら「あぁ、この時は何かに頼りたい時期だったのね」なんて俯瞰して見てるかもしれません。
昔はそれさえ否定してることもあったけど、それでもいいと今は思ってます。


頼りたいときは神仏に頼ったらいいじゃない。あとはなるようになるじゃないか、って。


果たして、今回のスピリチュアルの波はいつまで続くのか。ある意味楽しみです。


 

メンタルを保つ上で役に立った情報<コロナうつ>

お題「#おうち時間

 

毎日コロナコロナでメンタルが削がれてます。

やはり情報があふれかえっているのに巻き込まれてしまう。

ただでさえメンタル弱いのに、不安になる情報がたくさん。

 

そんな中で「メンタルを保つ情報」をネットで検索しまくりました。

特に役に立ったのはこの2つの提言。

 

www.jrc.or.jp

 

一つ目は日本赤十字社の特設サイトです。

どんな心の状態になりやすいのか、メンタルを保つ対策、陥りやすいことについて

簡潔に書かれています。

メンタルがぶれそうな時のために印刷して、枕元に置いています。

 

次はこれ。

www.asahi.com

 

朝日新聞デジタルの記事です。(実際の紙面では4月11日土曜日朝刊に掲載)

在宅時間が増える上で気をつけることについて

「あかさたなはまやらわ」の頭文字で作成されています。

会員登録しないと全文は読めませんが、最初に表示される図だけでも充分だと思います。

 

そしてどのサイトでも注意されていたのが

「食事・運動・睡眠」と「情報との付き合い方」

 

特に「情報との付き合い方」については

・新型コロナ情報に接する時間を減らす

例)1日2回、朝と夕だけテレビをつける等

・信頼出来る情報源からだけ、情報を得る

例)NHKニュースなどや有名新聞社など。SNSでの不確定な情報に振り回されない。

・明るいニュースも積極的に取り入れる

例)寄付の情報やただ自分にとって楽しい情報など

 

わたしは楽しい情報として、毎日更新されるイラストレーターさんのSNSを見たり、好きなにゃんこの画像を永遠見てたりします。

twitter.com

るるてあさんの描く、コウペンちゃんがめちゃめちゃ癒やされます!

なんでもほめてくれるコウペンちゃん。絵が水彩タッチでかわいいし、言葉に救われる。

 stay homeな私たちに向けて書かれたものかもしれません。

 

 

変化と刺激の大きい毎日が続きますが、

うまくストレス発散させながら

がんばらずにいきましょう。

 

 

 

イヤホンlifeの楽しみ方

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
私はウォークマンで音楽を聴き、不安を晴らしてます!


家事の時にも音楽、
昇降台運動(スローステップ)する時にも音のリズムに合わせながら足踏みし、
眠れない時にもヒーリングミュージックを流し。


ウォークマンとの友達度が日々高まってます。笑


洋楽、邦楽、ヒーリングミュージック、マーチング等様々なジャンルを聴くことで心を広げる。


好きな音楽を聴くことで毎日を豊かにしていく。
それが私の今の趣味。


そうしているうちにオーディオ機器が増えてきてしまいました。


Bluetoothスピーカー
Bluetoothカナル型イヤホン
Bluetoothオープンイヤー型イヤホン


有線イヤホンカナル型、オープンイヤー型、ミニヘッドホン型


そして本気のヘッドホン…!


と言っても予算が無いので
どの商品も高くても3000円以内の商品しか買えません。


普段使いのオープンイヤー型の有線イヤホンに至っては1000円しないです。でもいい音出してくれるのを発見したので満足して使っています。


今のところオススメは
JVC(ビクター)
SONYのイヤホン。
中国製の同価格のイヤホンよりも低音も高音もクリアに聞こえてきます。
長時間聞き続けるのに耳に負担が少ない。音が丸く、つきささらないけど透明感がある。


メーカーは言わないけれど、

中には音が遠くで鳴るようなイヤホンやこもった様な音、
シャカシャカと音の軽いメーカーもあります。国内製でも。


結局は
「自分にとって好きな音のするイヤホンを見つけるのが一番」ですけどね。
私も外出用には壊れても構わない、シャカシャカ系イヤホン持ち歩いてます。使用用途で使い分け。


自分好みのイヤホンを見つけるには
・レビューを読む
のが得策。通販サイトのレビューやブロガーさんが書いた記事。特にブログは写真付きで長所短所がよく分かります。
おかげでかなり色々なイヤホンに詳しくなってしまいました。


今楽しみにしているのは有線ピヤホンと呼ばれる、ハイユニットのhse-a1000pn。1700円。(予約済)
普通のイヤホンでは聞こえない音も聞こえてくるという評判なので発売が待ち遠しいです。

 

 

 


 

不安な情報を遮断する

的確で必要な情報だけを流してくれたらいいのに。切に願います…。
どのテレビ局を見ても連日放送されている、新型ウイルスの話題。もう疲れました。


たくさんの人々の「困り事」も問題になっていて、メディアが報じるのですが
その「不安感」「恐怖」を自らが吸い込んでしまう体質なもので。


母がテレビ見ている、その側に何となくいるだけのことが
私は耐えられなくなってしまいました。


特にコメンテーターが怒鳴りつけるような声、姿が苦痛です。
不安障害、うつにとってはかなりキツい。
1ヶ月半耐えてたけど、テレビの前から逃げ出してしまいました。


テレビをなるべく見ずに、音楽をイヤホン付けて傍らで聞いてたりしてましたが、
それでもテレビからの怒鳴り声は耳に届きます。
とても怖いです。


とにかく家でひとりきりの時は完全にテレビを消し、好きな音楽をスピーカーで流す日々。
情報からの避難。


きっと同じ様な思いをしている方も多いかと思います。
勇気を持ってテレビを消そう。こういう時だからこそ、好きなことに集中しよう。気を紛らわそう。
自分の身を削ってまで、最新情報に張り付かなくていいんです。手洗い、うがいしとくだけで充分。


過度な不安は精神を疲労させます。
情報から逃げよう。大丈夫だから。
インターネットを自分のタイミングで開けば、情報はいつでも手に入るから。
不安を煽るようなメディアの報道は見なくても生きていける。どうしてもの時はNHKだけで、時間を決めて見るようにしよう。


誰もが不安にまみれた状況が作り上げてる、今の社会情勢。誰も悪くないとわかってる。だからこそ、情報の自己防衛が大切。


自らに言い聞かせる意味合いでもこの日記を書いてみました。情報に過度に振り回されないように。


皆様、ご自愛くださいませ。